田舎で働くカウンセラーの日記

薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)

 覚醒(かくせい)剤を密売したなどとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊などは、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)などの疑いで、自称イラン国籍の住所不定、無職、ベヘザード・アバディヤン・モガンロ容疑者(25)を逮捕した。同隊によると、モガンロ容疑者は「密入国して都内で密売組織にかかわり、指示役をやっていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、21年6月8日、東京都中野区鷺宮で、鉄筋工の男(31)=同法違反罪で起訴=に覚醒剤約0・2グラムを1万5千円で譲り渡したなどとしている。

 同隊によると、モガンロ容疑者の密売グループは、豊島区など西武線沿線の路上で密売を繰り返していた。グループをめぐっては、これまでにイラン人の男7人と、客の日本人31人が同法違反罪などで起訴されている。

 都内などにあったグループの拠点3カ所からは、覚醒剤187グラム、乾燥大麻742グラムなどが見つかっている。押収された携帯電話には、1千人以上の顧客情報が登録されていたという。

【関連記事】
部屋にMDMA1万4千錠 大麻樹脂約105グラム 密売のコロンビア人を逮捕
密売業者とヤミ金業者が連携か 覚醒剤密輸容疑で男2人を逮捕
京都の女子大生たちが陥った覚醒剤の“魔の連鎖”
高相被告、悪態初公判「法子が吸いすぎる」
酒井法子事件で注目されるイランの麻薬密輸ネットワーク

確定申告 かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)
【社説検証】日中歴史共同研究 産経「成果期待できぬ」 朝・毎は「評価したい」(産経新聞)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
「非保有国への不使用」要求…日豪が核共同宣言へ(読売新聞)
伊丹空港フル活用…素案を国交省が地元へ報告、意見交換会(産経新聞)
[PR]
by ybc1kiwsxx | 2010-02-19 01:18
<< 元・打点王の石井氏、自民秋田県... 衆院予算委 自民、「ポスト鳩山... >>