田舎で働くカウンセラーの日記

注射用ニューキノロン系抗菌製剤の新効能などを了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は4月26日、富山化学工業と田辺三菱製薬がそれぞれの銘柄で販売している注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パズフロキサシンメシル酸塩注射液」について、肺炎球菌、敗血症の新効能などの承認を了承した。

 同剤は現在、300mg、500mgの2規格が販売されており、用法・用量は1日1000mgを2回に分けて点滴静注する。今回新たに、1000mgの新規格の剤形追加と、重症・難治性感染症などについて1日2000mgを2回に分けて点滴静注する新用量についても承認が了承された。

 このほか厚労省は、▽ベネシスの献血ヴェノグロブリンIH5%静注2.5g/50mL▽化学及血清療法研究所の献血ベニロン-I静注用2500mg▽日本製薬の献血グロベニン-I静注用2500mg▽日赤の日赤ポリグロビンN5%静注2.5g/50mL▽CSLベーリングのサングロポール点滴静注用2.5g▽バクスターのガンマガード静注用2.5g―の「低又は無ガンマグロブリン血症」についての新用量を承認する方針を報告し、了承された。
 現在の用法・用量は、成人で1回2500-5000mg、小児で体重1kg当たり100-150mgを点滴静注か直接静注しているが、日本小児感染症学会などから増量して使用したいなどの要望があったため、新用量では体重1kg当たり200-600mgを3、4週間隔で点滴静注か直接静注する。


【関連記事】
新規作用機序の関節リウマチ治療薬の承認を了承
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ
ファイザー、武田薬品の大型新薬候補の承認を了承
大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会
不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
<ワオキツネザル>赤ちゃん誕生 上野動物園の新アイドルに(毎日新聞)
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」(産経新聞)
裁判員制度は「合憲」=被告側控訴を棄却−東京高裁(時事通信)
テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査−警視庁(時事通信)
[PR]
by ybc1kiwsxx | 2010-04-27 17:35
<< 不動産会社社長ら逮捕 介護マン... <参院選>ネット選挙解禁に向け... >>