田舎で働くカウンセラーの日記

押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席−東京地裁(時事通信)

 一緒にいた女性に救命措置をせず、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(31)の第1回公判前整理手続きが5日、東京地裁(山口裕之裁判長)で行われ、本人も出席した。
 事件は裁判員裁判で審理される。弁護側はこれまでの記者会見で、適切な救命措置をしており、合成麻薬MDMAを女性に渡してもいないとして、同罪や麻薬取締法違反(譲渡)罪について無罪を主張している。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
「妹の方がかわいかった」=3年前から虐待か

PCI元社長の控訴審、5月判決=特別背任、一審無罪−東京高裁(時事通信)
火事で幼児救出、お手柄相撲部員が角界入門(読売新聞)
<近鉄百貨店>全従業員の個人情報紛失(毎日新聞)
2ちゃんねるダウン 米企業がFBIと法的措置検討(産経新聞)
<宝塚音楽学校>第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式(毎日新聞)
[PR]
by ybc1kiwsxx | 2010-03-05 22:36
<< 百十四銀行の初公判 3被告起訴... 男性警視が焼身自殺か=車に灯油... >>